保険診療 各種取り扱い

tel:045-573-7059

さくら歯科・矯正歯科

川崎・横浜・鶴見地区の歯科医院|一般歯科案内

01 トラブルの原因と危険性


歯が痛い|詰め物が取れた 写真

歯の痛みの原因は大きく分けて「虫歯」と「歯周病」があります。どちらも初期の段階では症状が出ません。逆にいえば、症状が出るということはそれだけ症状が進んでいるといえるでしょう。

詰め物が取れた場合は、痛くないからといって放置していると、歯が割れてしまったり、最悪の場合には歯を抜かなくてはいけない場合も出てきますので、こちらも早期の治療が必要です。

なかなか歯医者に足が向かないものではありますが、何か症状があるということは、それだけ進行している証拠です。ダメージを最小限に留めるためにも、できるだけ早く治療していきましょう。

*当院では、随時急患を受け付けております。お痛みの旨を受付にお伝えください。

*当院では予防を大切に考えております。歯のクリーニングや、定期検診など行っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

食事時の負担から… 写真

虫歯の危険性

虫歯でお痛みが出る場合、放置しておくと、歯の神経まで及ぶ可能性が高いです。そうなってしまった場合は、歯の神経を取る処置を行います。神経を取った歯は神経のある歯に比べて歯の質が劣るため、最終的に歯に被せ物(いわゆる銀歯)を行っていきます。歯にとってダメージが大きく、治療回数も格段に長くなります。最悪の場合には歯を抜かなくてはいけない場合も出てきます。

歯周病の危険性

歯周病でお痛みが出る場合、よくある症状としては、歯を磨くと歯茎から出血する、口臭がする、歯がぐらぐらする、噛むと痛い、歯茎が腫れて鈍痛がするといったものが挙げられます。

歯周病が進行すると、歯を支えている骨や歯茎が痩せてきます。また、歯と歯茎の間にある歯周ポケットの溝も深くなり、通常のブラッシングでは汚れを取りきれなくなります。慢性的に汚れがたまることにより歯周病の進行に拍車がかかります。

人は食事をするときには歯に必ず力がかかりますが、歯周病が進行していると歯が物を噛む負担に耐え切れず、さらに歯を支えている骨をダメにし、最終的には歯が抜けてしまうこともあります。通常、1本だけ歯周病になっていることはまれで、全体的に歯周病になっていることが多いです。1本ダメになると、残っている歯にさらに負担がかかるようになります。それを放置しておくと、1本また1本と次々に歯がダメになっていくことが多いです。

02 すぐに来院できない場合


虫歯 写真

すぐにご来院できない場合は、詰め物が取れた歯や、お痛みのある歯では噛まないように注意しましょう。歯が割れてしまったり、お痛みがさらに強く出てしまうことがあります。

お痛みがある場合は、応急処置として一時的に氷で冷やすのも効果的です。ただし、冷やしすぎは逆効果な場合もあります。市販の痛み止めの薬を服用するのもよいでしょう。

また、詰め物が取れた穴に食べ物が詰まってお痛みが出る場合もあります。歯ブラシや歯間ブラシ、フロス等で詰まった食べかすを取りましょう。

逆に、血流がよくなるようなことは控えたほうがよいでしょう。具体的にはお酒を飲んだり、激しい運動、入浴等は注意してください。

時間ができたら、頑張って歯医者に行くことをお勧めいたします。

Page Top

交通案内・診療時間

〒230-0001
神奈川県横浜市鶴見区矢向6-6-19 エンデバー横浜1F

駐車場を医院敷地内に完備。川崎・横浜・鶴見区・幸区・鹿島田など多方面からご来院いただいております。

診療時間

9:30 - 13:00/15:00 - 20:00
休診:水曜・日曜・祝日
*祝日がある週は、水曜日も診療いたします。


電車でのご来院

川崎駅からJR南武線で約4分(2駅目)の、「矢向駅」より徒歩1分。改札を出て右方向(北側、ファミリーマートさん側)に進み、サイゼリアを過ぎた左手にございます。歯のマークの看板が目印です。

お車|川崎方面よりご来院

県道140号線で南武線「矢向」駅前ロータリーを右折し、すぐ左手にございます。(駐車場完備)

お車|横浜方面よりご来院

第二京浜(国道1号線)で尻手を通過後、「都町」交差点を左折し県道140号線に入ります。南武線「矢向」駅前ロータリーを右折し、すぐ左手にございます。(駐車場完備)