01 目立たない矯正治療法の比較


※ 患者様ご本人の同意を得た写真のみを使用しております。

※ 料金は矯正治療費の総額(定額制・税込)です。

表側の目立たない矯正 写真

表側の目立たない矯正

  • 630,000円
  • 目立ちにくさ  ○
  • 矯正期間  ◎
  • 様々な症例への適用  ◎

当院では透明な目立たない装置を標準で使用しております。

ハーフリンガル 写真

ハーフリンガル

  • 840,000円
  • 目立ちにくさ  ◎
  • 矯正期間  ○
  • 様々な症例への適用  ◎

上あごの歯には裏側矯正装置、下あごの歯には表側矯正装置を装着します。

裏側矯正(舌側矯正) 写真

裏側矯正(舌側矯正)

  • 945,000円
  • 目立ちにくさ  ◎
  • 矯正期間  ○
  • 様々な症例への適用  ◎

上下とも歯の裏側に矯正装置を装着します。

マウスピース型矯正装置 写真

マウスピース型矯正装置

  • 945,000円
  • 目立ちにくさ  ◎
  • 矯正期間  △
  • 様々な症例への適用  △

透明なマウスピース型の矯正装置です。

02 表側の目立たない矯正


表側の目立たない矯正 写真

透明ブラケット × ゴールドワイヤー(当院の標準装置)

当院では透明の目立たないブラケットとゴールドワイヤーを標準装置として使用しています。審美的な矯正ブラケットにはサファイヤブラケットやセラミックブラケット、ジルコニアブラケットなど様々ありますが、当院では樹脂系のブラケットを使用しています。比較的柔らかいため、咬み合った時に対合歯(上顎)を傷つけることなく、ブラケットのほうが摩耗してくれます。また、ブラケットを外す時に、ブラケットを変形させたり、削合してブラケットを外ずすことができる点から、歯牙に優しいブラケットと言えます。

矯正用ワイヤーに関しては乳白色系のゴールドワイヤーを使用しています。ゴールドワイヤーは光の反射によりお口の中を明るく見せることができます。また日本人の一般的な歯の色は欧米人より少し黄色みがかっているため、ホワイトワイヤーよりもゴールド系のワイヤーのほうが歯の色にマッチしていると考えます。なおご希望の方にはホワイトコーティングワイヤーのご用意もございます。

メリット

  • 従来の金属ブラケットと比べて目立たない。
  • 表側の装置はあまり発音に影響しない。
  • ほとんどの症例に適用できる。
  • 裏側の装置に比べて矯正費用を抑えられる。

デメリット

  • 特になし。

03 ハーフリンガル(裏側矯正+表側矯正)


ハーフリンガル(裏側矯正+表側矯正) 写真

裏側矯正と表側矯正のメリットを複合

ハーフリンガルとは、口を開けたときに見えやすい上の歯には裏側矯正装置を付け、見えにくい下の歯には表側矯正装置を付ける矯正治療方法です(通常の方は軽く口を開けた時には上の前歯が見えやすいですが、受け口の方は下の前歯が見えやすいです)。それによって矯正治療費を抑えることができます。当院でも人気の矯正治療法です。

メリット

  • 上の歯の装置は全く見えず、下の歯の装置も目立ちにくい。
  • 上下裏側矯正と比べて舌の違和感が少ない。
  • 裏側の装置に比べて矯正費用を抑えられる。

デメリット

  • 食べ物などの汚れがたまりやすい。
  • 装置が見えないので歯磨きが難しい。

04 裏側矯正(フルリンガル)


裏側矯正(フルリンガル) 写真

周りに気づかれない「見えない矯正」

歯の裏側に矯正装置を装着するので、矯正治療中も口元の印象は全く変わりません。当院では特に成人女性の方の場合、表側矯正よりも裏側矯正を希望される患者様のほうが若干多いです。黎明期の裏側ブラケットは舌の違和感が問題でしたが、最近ではかなり厚みが薄く、大きさも小さくなってきていて、さらにはメカニカルな装置になってきており、違和感は軽減されてきました。治療期間に関しても表側矯正とそれほど変わりません。

また、治療上の必要に応じて抜歯をした場合は、そのスペースが目立たないように仮歯を付けることがあります。当院では希望の方には無料で仮歯を装着しています。

また、歯の裏にブラケットを装着するため過蓋咬合(前歯の重なりが深いかみ合わせ)の場合、上の前歯の裏側ブラケットが下の前歯に当たってしまい、奥歯でまったく噛めない状況になりやすいです。その場合、目立ちにくいように上の大臼歯部にレジンを盛って奥歯でしっかりと咬み合うように調整する必要があります(奥歯で噛めるようになり、前歯が当たらなくなります)。最終的にはそのレジンはすべて削合します。

メリット

  • 装置は全く見えない。

デメリット

  • 装置を装着して間もなくは、発音がしにくいことがある。
  • 食べ物などの汚れがたまりやすい。
  • 装置が見えないので歯磨きが難しい。

05 マウスピース型矯正装置


マウスピース型矯正装置 写真

取り外し可能なマウスピース型の矯正装置

マウスピース型矯正装置は、コンピューター上の3Dシミュレーションソフトで、治療完了に至るまでの段階に応じたマウスピースの必要個数、形状を決定し、治療開始前にすべての段階のマウスピースを作製します。治療計画通りに歯を動かすには、毎日20時間以上(種類により異なる)の装着が必要ですが、食事や歯磨きのときなど、短時間の取り外しは可能です。

メリット

  • 透明で目立たず、気づかれにくい。
  • 装着時の不快感が少なく、発音を妨げない。
  • 取り外し可能で、普段通りに食事や歯磨きが可能。

デメリット

  • 適用できるケースが限られる。
  • 自分で取り外しが可能なため、患者様自身が装着時間を守らないと治療が進まない。
Page Top

アクセス・診療日

〒230-0001
神奈川県横浜市鶴見区矢向6-6-19 エンデバー横浜1F

駐車場は医院敷地内にございます。矢向は川崎市との市境に位置し、川崎駅からも近く、川崎市内では川崎区・幸区・中原区・宮前区などからもご来院いただいております。

診療時間

9:30 - 13:00/15:00 - 20:00
休診:水曜・日曜・祝日
*祝日がある週は、水曜日も診療いたします。


電車でのご来院

川崎駅からJR南武線で約4分(2駅目)の矢向駅より徒歩1分。改札を出て右方向(北側、ファミリーマートさん側)に進み、サイゼリアを過ぎた左手にございます。歯のマークの看板が目印です。川崎駅は東海道線・京浜東北線・南武線の乗り入れがあり、また京急川崎駅の利用も可能です。

お車|川崎方面よりご来院

県道140号線で南武線「矢向」駅前ロータリーを右折し、すぐ左手にございます。(駐車場完備)

Page Top